横浜市中区の婦人科、育愛会レディースクリニック - 「婦人科疾患・症状」 バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺のうよう膿瘍

婦人科疾患・症状:【11】バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍(のうよう)

バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍(のうよう)

バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍(のうよう)の原因

バルトリン腺は、膣の入口の左右両側、小陰唇の下のほうにあって、性的興奮時にセックスをスムーズに行うための粘液を分泌する器官です。このバルトリン腺の入口からブドウ球菌や大腸菌などの細菌が侵入し、感染することによって起こります。

バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍の症状

  • バルトリン腺炎は、バルトリン腺が細菌に感染し、炎症を起こした状態です。
  • バルトリン腺のう胞は、バルトリン腺の入口がふさがり、分泌物が中にたまって腫れている状態ですが、あまり痛みはありません。ただし、だんだん大きくなり、クルミ大になることもあります。
  • バルトリン腺膿瘍は、バルトリン腺炎が悪化して膿がたまった状態で、赤く腫れて熱を持ち、痛みを感じます。鶏卵大まで腫れ上がり、歩行困難になることもあります。

バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍の治療

〔治療法〕

内服薬(抗生剤)などで治療を行いますが、症状により、たまった分泌物や膿を注射針で吸引したり、切開して排出させたりします。

〔治療期間の目安〕

治療を始めて1~2週間で症状に改善がみられ、完治するのが一般的です。通院は1~2週間に1回程度になります。

バルトリン腺炎・バルトリン腺のう胞・バルトリン腺膿瘍の治療に関する
受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。

8月10日(木)~8月17日(木)まで、夏期休診とさせて頂きます。 大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
育愛会レディースクリニック

詳しい診療時間はこちら