横浜市中区の婦人科、育愛会レディースクリニック - 「婦人科疾患・症状」子宮体がん

婦人科疾患・症状:【27】子宮体がん

子宮体がん

子宮体がんの原因

子宮の奥の子宮内膜で発生するがんです。子宮内膜の細胞が異常に増殖することによって発生しやすくなります。
子宮内膜は、卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモン=エストロゲン)によって増殖しますが、排卵後、卵巣から分泌される黄体ホルモンによって受精卵が着床しやすい状態が2週間続き、その間に妊娠しないと、子宮内膜は剥がれ落ちて月経が始まります。ところが、閉経や排卵の障害によって黄体ホルモンが分泌されないと、子宮内膜が剥がれ落ちることなく、卵胞ホルモンの刺激にさらされ続けることで、子宮内膜の細胞が異常に増殖してしまうのです。
そのため、子宮体がんは閉経後の50代以降の方に多く発症します。また、出産経験のない女性のほうがかかりやすくなっています。

子宮体がんの症状

  • 初期は自覚症状がありません。
  • 月経以外の出血(不正出血)がみられ、進行すると出血量も多くなります。
  • 茶色いおりものがみられます。

子宮体がんの治療

〔治療法〕

子宮体がんと診断された場合は、専門の高次医療機関をご紹介します。

子宮体がんの検査について

子宮体がんの治療に関する受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。

8月10日(木)~8月17日(木)まで、夏期休診とさせて頂きます。 大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
育愛会レディースクリニック

詳しい診療時間はこちら