横浜市中区の婦人科、育愛会レディースクリニック - 「婦人科疾患・症状」子宮頸がん

婦人科疾患・症状:【26】子宮頸がん

子宮頸がん

子宮頸がんの原因

子宮の入口にあたる子宮頸部の細胞が、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染したことが原因で異常な状態になり、発症するがんです。HPVには100種類以上のウイルスの型があり、子宮頸がんの原因になるのはそのうち15種類ほどで、16型と18型のウイルスが65%を占めています。(ただし、HPVに感染しても必ずがんを発症するわけではなく、子宮頸がんになる人は感染者の1%未満です。)
HPVはおもに性行為によって感染し、子宮頸がんは幅広い年代の女性にみられます。最も多くみられるのは30~40代の方ですが、近年20~30代の方に急増しているがんです。

子宮頸がんの症状

  • 初期にはほとんど自覚症状がありません。
  • 性交後、出血が見られることがあります。
  • 月経以外の出血(不正出血)がみられることがあります。
  • おりものの量が増え、茶褐色、黒褐色のおりものがみられることがあります。
  • 下腹部や腰に痛みを感じることがあります。

子宮頸がんの予防・治療

〔予防ワクチン〕

子宮頸がん予防ワクチン

〔治療法〕

子宮頸がんと診断された場合は、専門の高次医療機関をご紹介します。

子宮頸がんの検査について

子宮頸がんの治療に関する受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。
12月2日(土)は学会のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

詳しい診療時間はこちら