横浜市中区の婦人科、育愛会レディースクリニック - 「婦人科疾患・症状」細菌性膣症

婦人科疾患・症状:【2】細菌性膣症

細菌性膣症

細菌性膣症の原因

膣の中で、特定の病原菌ではなく、常在菌が増殖することで症状が表れます。
膣の中は、通常、乳酸菌によって強い酸性に保たれ、雑菌が繁殖しにくい環境になっています。ところが、疲労や抵抗力の低下、月経周期や妊娠によるホルモンバランスの変化などで乳酸菌が減り、自浄作用が低下すると、膣の中で雑菌が増殖してしまうのです。
また、頻繁に膣洗浄や性行為を行うことが、乳酸菌による自浄作用を弱める原因になっていることもあります。

細菌性膣症の症状

  • おりものに生臭い魚のような悪臭があります。
  • おりものが増え、色は灰白色をしています。
  • かゆみがある場合もありますが、自覚症状がない場合もあります。
    (妊婦の場合は、自覚症状がなくても、流産や早産の原因になることがありますので、治療が必要です。)

細菌性膣症の治療

〔治療法〕

症状により、膣座薬や内服薬などで治療を行います。

〔治療期間の目安〕

治療を始めて7~10日で症状に改善がみられるのが一般的です。通院は1~2週間に1回程度になります。

性器カンジダ症の検査について

細菌性膣症の治療に関する受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。
12月2日(土)は学会のため休診とさせていただきます。
12月28日(木)~2018年1月4日(木)は冬期休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

詳しい診療時間はこちら