横浜市中区の婦人科、育愛会レディースクリニック - 「婦人科疾患・症状」萎縮性膣炎

婦人科疾患・症状:【16】萎縮性膣炎

萎縮性膣炎

萎縮性膣炎の原因

女性の膣内には乳酸菌が多くいて、酸を分泌して他の細菌の繁殖を抑えていますが、閉経後は、卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモン)が減るために、膣内にいる乳酸菌が著しく減少します。すると、膣内で大腸菌などの雑菌が繁殖し、膣壁が萎縮して炎症を起こします。

萎縮性膣炎

  • 黄色いおりものや血の混じった茶色っぽいおりものがみられます。
  • おりものに悪臭を伴うことがあります。
  • 膣に違和感や痛み、灼熱感を感じることがあります。
  • 性行為のとき、痛みやかゆみを伴ったり、出血したりすることがあります。

萎縮性膣炎の治療

〔治療法〕

症状により、ホルモン補充療法(膣錠、内服薬、貼付剤)などで治療を行います。

〔治療期間の目安〕

治療を始めて1~2週間で症状に改善がみられ、2~3週間ほどで完治するのが一般的です。通院は1~2週間に1回程度になります。

萎縮性膣炎の治療に関する受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。
12月2日(土)は学会のため休診とさせていただきます。
12月28日(木)~2018年1月4日(木)は冬期休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

詳しい診療時間はこちら