【2】子宮頸がん予防ワクチン

【2】子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンとは

子宮頸がんは、がんのなかでは珍しく、ウイルスが原因で発症します。そのため、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎ、子宮頸がんを予防することができます。

子宮頸がん予防ワクチン接種をおすすめするのはこんな方

HPVは、皮膚や粘膜に存在するごくありふれたウイルスですが、おもに性行為によって感染します(HPVに感染しても、必ずがんを発症するわけではなく、子宮頸がんになる人はそのうちの1%未満です)。子宮頸がん予防ワクチンは、すでにHPVに感染している人には効果がありませんので、できれば性行為を経験する以前の低年齢のうちに接種しておくのが効果的です。

子宮頸がん予防ワクチンの種類

HPVには100種類以上のウイルスの型があり、そのうち子宮頸がんの原因となる発がん性HPVは15種類ほどです。実際に子宮頸がんの原因になっているウイルスは、16型と18型が全体の65%を占めていますので、これらの発がん性HPVを予防するワクチンが開発されています。当クリニックでは、サーバリックス、ガーダシルの2種類の予防ワクチンを用意しています。

ワクチン(製品名) サーバリックス ガータシル
予防できるHPVの型 HPV16型・18型 HPV16型HPV6型・11型(尖形コンジローマ→(1)B【11】などの予防に効果あり)
接種対象者 10歳以上の女性 9歳以上の女性
接種回数 3回(3回接種しないと、予防効果は期待できません)①1回目↓

②2回目(①の1か月後)

③3回目(①の6ヶ月後)

3回(3回接種しないと、予防効果は期待できません)①1回目↓

②2回目(①の2か月後)

③3回目(①の6ヶ月後)

料金 ¥45,000 (税抜) (¥15,000×3回)※初回のみ、診察料¥3,000(税抜)が別途かかります。 ¥45,000 (税抜) (¥15,000×3回)※初回のみ、診察料¥3,000(税抜)が別途かかります。

*子宮頸がん予防ワクチン接種後は、30分ほどクリニックで安静にしていただき、体調の変化がないことを確認してからご帰宅いただくため、時間に余裕をもってご来院ください。また、ワクチンは予約制となっております。

子宮頸がん検診

子宮頸がん予防ワクチンの接種で、HPV16型、18型の2つの型の発がん性HPVへの感染を防ぐことができます。しかし、予防ワクチンを接種しても、それ以外の型の発がん性HPVの感染を防ぐことはできません。また、予防ワクチン接種前にすでに感染していた場合には、子宮頸がんを発症する可能性もあります。子宮頸がん予防ワクチンを接種した方も、性交渉(SEX)が始まったら、定期的な子宮頸がん検診の受診をおすすめします。

子宮がん検診について

子宮頸がん予防ワクチンに関する受診のお問い合わせは、こちらまでお電話ください。
文字サイズ
Small
Medium
Large

クリニック情報

住所
〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-75 2F
TEL
045-231-1770
アクセス
京浜急行
『日の出町駅』徒歩1分

JR桜木町駅または市営地下鉄
『桜木町駅』徒歩7分

診療カレンダー

カレンダー
※診療時間は変更になることもございます。また、まれに臨時休診を頂くこともございますので、ご来院前にホームページのツイッターもしくはお電話にてご確認くださいませ。
12月2日(土)は学会のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

詳しい診療時間はこちら